Pages

About

パナマの僻地で2年を過ごす。それはまさに自分への挑戦でもあり、夢でもあった。電気なし、水なしの究極の生活。この生活を通して感じた全てのことを記録しています

不思議なヤシの実、モモヤシ

2006/09/06


日本の市場には存在しているのを未だ確認したことのない食品を紹介します。この上の写真の実を見たことありますか?南米、中米など熱帯地方に行かれた方以外で知っている人は少ないことでしょう。パナマでは、これを慣用的に【Pixbae(ピックスバエ)】とか【Pifa(ピファ)】と呼んでいます。

  
>>>写真:フリー百科事典Wikipediaより転載。

このようにヤシの木になる実です。【モモヤシ】という和名が付けられています。
それでは、このピックスバエについて少しお勉強したいと思います。

学名Bactgris Gasipaes
英名Peach Palm
慣用名Pixbae(パナマ)、Chontaduro(コスタリカ、ニカラグア)、Pupunha(ブラジル)
分類ヤシ科 モモヤシ属
原産中南米の熱帯地域(カリブ海諸国を含む)
特徴樹高が20m以上にまで生長し、最大葉長は3mほどにまで大きくなる。果実はニワトリの卵よりひと回り小さく、果実の色は品種によって様々だが橙、赤、黄色系がある。種子がある品種と無い品種がある。パナマで主に食用とされているものは橙色の果実で種子有りの品種である。
利用法パナマでは主な利用法として、皮付きのまま塩茹でをし、その後皮をむいて食す。最近では、一流シェフなどによって他の調理法が考案されているが、パナマ国民に浸透はしていない。

*慣用名は国によって異なるのでここでは一部記載にとどめた。
>>>詳細はこちら

栄養価について (100gあたり)
○エネルギー   196cal
○タンパク質   2.6g
○鉄 分     1.0mg
○カルシウム   14mg
○ビタミンA   223μg
○ビタミンB1   0.06mg
○ビタミンC   35mg

高タンパク、低脂肪、豊富なアミノ酸類を含むなど非常に栄養価の高い食品としてパナマでも近年この食品を再評価しています。ベータカロチンやリン酸なども含んでいる為、これを食べているだけでバランスの良い食生活が送れると【某現地新聞】で報道されていました。

どんな味なの??


食感は栗よりもモガモガする感じで、実は塩ゆでをする為かあまり甘くありません。カボチャのそれにも似ていますが、もっと繊維質です。これは一度食べてみないことのはどんな味か分からないと思います。

栄養価が高いので毎日食べれば良いのかってよくパナマ人に聴かれますが、
何事もほどほどにが一番。だから時々美味しく味わうことが大切だと思います
個人的な意見ですけど。

0 件のコメント:

 

Most Reading